2013年05月16日

楽天イーグルス-横浜DeNA戦



昨日まで横浜スタジアムで行われていた、楽天イーグルス-横浜DeNA戦ですが、2-0で勝ち越しという結果となりました拍手

初戦は7-3で勝利icon14
交流戦開幕戦を勝利で飾る事ができました拍手
先発は、未だ負け無しで6勝目を目指すマー君野球ボール
この試合、8回を投げて2四死球と四死球はそれほど多くはありませんでしたが、制球に苦しみ、また好調ベイスターズ打線の粘りにも苦しんで、球数が多くなっていました。
しかし、5回のAJ選手の3ランHRの後、余裕が出たのか調子を上げたような気がします(球数自体は多いままでしたが…)。
それにしても、140km台のスライダーもそうですが、155kmは出るわ、8回になっても150kmオーバーがバンバン出るわって凄すぎですicon12
ただ、やはり自分自身納得出来なかったのか、ベンチに下がってからとても悔しそうな表情を浮かべていました汗
結局、打撃好調の横浜DeNA相手に8回3失点、しかも四球やワイルドピッチこそあったものの連打はなかったので、それほど悪い結果ではないと思うのですが、やはり元々のハードルが相当高いんでしょうね(^^;)
9回はラズナー投手が登板し、エラーこそあったものの「0」で抑え、締め括ってくれました親指
この9回は、もしかしたら斎藤隆投手が登板するのでは?と期待しましたが、違いましたね…(=_=)
対して打線ですが、横浜のエース三浦大輔投手を相手に、序盤リードを許す展開となりましたが、4回島内選手のタイムリーツーベースで同点とすると、5回にAJ選手が6号3ランHR親指
このAJ選手の3ランHR、打った瞬間ライトフライかと思いましたが、さすがと言うか、スルスルと伸びてHRになりましたね花丸
三浦投手から井納投手に替わった後も、6回松井選手のタイムリー、7回マギー選手の8号ランHRと(小)爆発し、打撃陣の好調ぶりを見せてくれました花火
この6回の松井選手のタイムリーの前に、マー君のバントという珍プレー(?笑)がありましたが、意外にも上手くて驚きました(^^)
元々バッティングが好きだという話は聞いていましたが、この試合マウンドの上以外では結構笑顔が見えていたのが印象的でしたicon12
そして、大当たりだったのが島内選手で、なんとicon124打数4安打icon12という当たりっぷりクラッカー
昨シーズンの一時期に見せた、強打者ぶりを思い出させる活躍でした!

2戦目は7-5で勝利icon14icon14
交流戦初カードは2連勝となりました拍手
ただ、この試合は荒れに荒れましたicon11
先発はダックワース投手野球ボールでしたが、相手の小林投手と共に制球が悪く、ストライクが入らず3回までで両軍あわせて10四死球、ノーアウト満塁が3回発生というグダグダっぷりicon11
とは言っても、点数だけみれば3回終了時点で3-2とよくある得点状態なのが、逆に異常でした(^^;)
ヤジも両軍から飛び、映像で見ているだけでもすごい雰囲気でしたface07
ただ、両軍投手交代(ダックワース投手→片山投手/小林投手→高崎投手)をしてからは、落ち着いた試合となり、テンポ良く回が進むようになって安心して(?)見られるようになりました(6回までは…)。
ダックワース投手の後に登板した片山投手はノーアウト満塁からでしたが、1失点で抑えてくれ、2回2/3を投げ勝ち投手に!2勝目となりましたクラッカー
片山投手の後には、小山投手が登板しましたが、右腕の違和感を訴え6回初めで降板icon11
その後金刃投手が登板となりましたが、良いピッチングを見せてくれましたface01
ダックワース投手も小山投手も怪我のような形で降板していたので、どちらも故障でなければいいのですが…
そして7回、とうとう斎藤投手が横浜スタジアムに登場しましたicon12
もう大歓声汗両軍からあったような気がしますface03
投球内容としては、死球とヒットと犠牲フライで1点を失い、さらに1アウト1・3塁とピンチを迎えますが、代打ラミレス選手をダブルプレイに打ち取り最小失点で切り抜けてくれました親指
その後は8回ラズナー投手が三者凡退に打ち取り、9回の青山投手へといつものように続きましたが、9回の中村(紀)選手の2ランHR(-"-;)ちょっと焦りました(^^;)
それにしても内村選手も藤田選手も素晴らしい守備を見せてくれていたのが、嬉しいですねface02
対して打線ですが、1~3回までのチャンスで3点止まりというのは少し物足りない気がしました。
相手側も同じような感想だとは思いますが…(==;)
そして、序盤とは違う意味で荒れた6回ですが、小山投手のバント後鶴岡捕手の三塁への送球についての判定に中畑監督が抗議icon09
肘(?)がぶつかったとして暴力行為として退場となりましたムンク
リプレイを見てもちょっと遠くて分かりづらくはありましたが、中村(紀)選手の足が離れていない限りアウトのように見えて、この判定は楽天側からしても気の毒に思えましたicon11
その後、3点をあげ、7回に1点を返された後の8回!
先頭打者の鉄平選手に1号ソロHRが飛び出しました野球バット星野球ボール
1点を返された直後ということもあり、良い追加点となりましたねface02
その鉄平選手と藤田選手は猛打賞の活躍で、ヒーローインタビューは藤田選手でしたicon12
横浜ファンも嬉しかったのではないでしょうか(>△<)ノシ

明日からは中日ドラゴンズ戦!
交流戦優勝を目指して、連勝を伸ばしていってほしいですねface02

フロント 木浪  


Posted by 丘のホテル at 09:50Comments(4)丘のホテルブログ