2013年05月30日

楽天イーグルス-阪神タイガース戦



昨日まで甲子園で行われていた、楽天イーグルス-阪神タイガース戦ですが、2-0という結果で勝ち越しとなりました拍手

私が映像で試合を見ることが出来たのは初戦だけで、2戦目は楽天イーグルス公式サイトの<一球速報>を見ていただけでしたが、どちらの試合も終盤まで結果が分からない緊迫した試合でしたface03

初戦は7-4で勝利icon14
先発はいまだ負け無しで8勝目を狙うエースマー君野球ボール
この試合、少し制球に苦しんでいたようで、3回に連打で2点を失いますが、それ以外では得点圏にランナーは許すものの失点までは許さず、6回2失点のさすがといったピッチングを見せてくれましたicon12
7回表に3点を奪い逆転して勝ち投手の権利を掴んだところなんかは、さすが持ってるな~と思わされました(^^)
まぁ、結局は直後の7回裏に同点に追いつかれて勝ち投手の権利は失ったんですが…(==;)
継投は、7回青山投手→7回途中から8回小山投手→8回途中から片山投手→9回ラズナー投手でしたが、1点リードの7回青山投手が1アウトを取ったところから2四球で交代となると、鳥谷選手にタイムリーを浴び同点とされ、8回にも四球からのランナーに生還され勝ち越しを許す展開…
ただ、その後9回に4点をあげ、ラズナー投手が三者凡退、「0」で抑えてくれて勝利することができましたが、やはり四球は失点の元ですねface07
勝利投手は片山投手で、片山投手は3勝目となりますクラッカー
勝利投手が打者1人を抑えた片山投手だったのは、終盤接戦となる試合ならではという感じがしますねface02
対して打線ですが、防御率リーグトップのスタンリッジ投手を相手に、序盤・中盤と得点圏にランナーは進めるものの得点には至らず、もどかしい思いをさせられました大泣き
しかし、2点ビハインドの7回銀次選手のタイムリーで1点を返すと、スタンリッジ投手から代わった加藤投手から、聖澤選手が2点タイムリースリーベースを放ち逆転に成功花丸
そして、1点ビハインドの9回打線が(小)爆発しました花火
松井選手のタイムリーツーベースで同点にすると、島内選手が決勝打となるタイムリースリーベースを放ち、そしてダメ押しとなる聖澤選手の2号2ランHR!
ヒーローは決勝打の島内選手でしたが、2ランHRを含む4打点の聖澤選手も、打点はつかなかったもののicon12猛打賞icon12の鉄平選手も最高でしたicon12
個人的にはマー君の2打席連続バントにグッときました親指

2戦目は2-0で勝利icon14icon14
2連勝となりましたクラッカー
先発は、前回無四球で1軍初登板&初勝利をあげ、今回2勝目を目指す戸村投手野球ボール
この試合、初回に四球を3つ出すなど6回を投げて8四死球と制球が悪く、いつ点を取られるかとヒヤヒヤしながら見ていました(^^;)
ただ、何度も得点圏にランナーを背負う苦しいピッチングをしながらも粘りのピッチングで踏ん張り、結果無失点としたところは評価しても良いかもしれません(四球は無いに越した事はありませんし、本人は「内容は0点」と言っていたようですが…)face13
継投は、7回青山投手→8回小山投手→8回途中から片山投手→9回ラズナー投手でしたが、「0」で抑える完封リレーで、今シーズン2回目となるicon12零封勝利icon12を見せてくれましたクラッカー
対して打線ですが、5回まで榎田投手の前にほとんど沈黙状態でしたが、6回2アウトからヒットと死球で1・2塁とするとマギー選手のタイムリーで先制し、9回には嶋選手のタイムリーで追加点をあげました音符
なかなか連打が出ない中、効果的に得点出来たのではないかと思います花丸
それにしても、AJ選手はこの試合でも2四球とさすがの選球眼を見せてくれましたface01
四球数はリーグトップですね親指

これで交流戦も半分が終わり、楽天イーグルスはicon12交流戦単独首位icon12となりました拍手拍手拍手
そして、明日からホームKスタで横浜DeNA戦を迎えることになります!
このまま連勝を伸ばして交流戦優勝を目指して欲しいですねface03

フロント 木浪  


Posted by 丘のホテル at 10:53Comments(4)丘のホテルブログ