2013年06月04日

楽天イーグルス-中日ドラゴンズ戦



昨日までクリネックススタジアムで行われていた、楽天イーグルス-中日ドラゴンズ戦ですが、2-0で勝ち越しという結果になりました拍手
ナゴヤドームでの2連敗の借りを返した形ですface02
ナゴヤドームでの記事はコチラ

初戦は1-0で勝利icon14
先発は、巨人戦で好投を見せた菊池投手野球ボール
この試合、ボールが高めにいってしまったり暴投があったりと制球は決して良いものではありませんでしたが、粘り強いピッチングで、野手陣のいくつかのファインプレイによっても助けられつつ、5回1/3を「0」とまたもや良い結果を残してくれました親指
継投は、5回途中からハウザー投手→さらに5回途中から青山投手→8回途中から片山投手→9回ラズナー投手でしたが、しっかりと「0」に抑え、今シーズン3度目となるicon12零封勝利icon12をあげてくれましたクラッカー拍手
対して打線は、初回に松井選手のヒット→藤田選手のバント→聖澤選手のタイムリーヒットと絵に描いたような流れで先制するものの、山本昌投手と継投陣の好投を前に振るわず、得点は初回の1点のみでした(^^;)
ただ、聖澤選手はこの試合で今シーズン10個目となる盗塁も決めており、打って・捕って・走っての活躍icon12
ヒーローインタビューでの球拾い発言は笑わせてもらいましたface03
また、山本昌投手が降板した時の楽天ファンからの声援・拍手も良いものでしたface12

2戦目は2-1で勝利icon14icon14
先発はいまだ負け無しで8勝目を目指すマー君野球ボール
この試合では、ランナーは出すものの球数を抑えた軽快なピッチングを見せてくれましたが(正直、2時間半くらいでこの試合終わるんじゃないかと思っていました)、9回に3連打を浴び1点を失い、勝ち投手の権利も失ってしまいました水滴
ただ、1点を失ってノーアウト満塁というピンチを迎えたところで見せたピッチングは凄みを感じさせるもので、140km台のキレキレな変化球が面白いように決まり、結局失点は最小の「1」!!
もう流石というか何というか…
継投は、10回・11回とラズナー投手でしたが、ラズナー投手も2回を投げて15球と軽快なピッチングで「0」に抑えてくれました親指
それに随所に見られた藤田選手のナイスプレイも素晴らしかったですね(^^)
対して打線は、前日に引き続き、初回に松井選手のヒット→藤田選手のバントからの(AJ選手の)タイムリーで1点を先制するものの、ブラッドリー投手と継投陣の前に2回以降は打線がつながらず、そのまま延長に突入となりました。
しかし、延長11回、四球とエラーから1アウト満塁とすると、嶋選手がサヨナラとなるタイムリーを放ち、icon12今シーズン初のサヨナラ勝利icon12を決めてくれましたクラッカークラッカークラッカー
さすがの勝負強さでしたね(>△<)ノシ

この2試合、どちらの試合も最後までどうなるか分からない緊迫感のある良い試合でしたface03
そして、やはり印象的だったのは山崎選手への声援ですね(^^)
やはりいいものです(><)ノシ

明日からはヤクルトスワローズ戦!
このままの勢いで連勝を重ねていってほしいものです(>_<)

フロント 木浪  


Posted by 丘のホテル at 11:13Comments(4)丘のホテルブログ