2017年02月10日

奇祭【米川の水かぶり】が開催されます



明後日、登米市で奇祭【米川の水かぶり】が行われます花丸

この【米川の水かぶり】は宮城県登米市東和町米川に古くから伝わる、800年以上の歴史と伝統を誇る火伏せの行事で、国のicon12重要無形民俗文化財icon12にも指定されています拍手
ニュースTVで見たことがある方もいらっしゃるかと思いますが、全国的にも有名な奇祭で、毎年多くの観光客が観覧しに訪れています。

この祭りでは、毎年2月の初午の日の朝、厄年を迎えた人を中心とした五日町地区の男たちが、顔にかまどのすすを塗り、藁装束を見にまとい、大慈寺境内にある秋葉大権現に火伏せを祈願します。その後、お神酒を頂いて神の使いとなった一行は、奇声をあげて各家庭の屋根に向かってバケツやおけの水をかけながら町中を南から北に走り抜けます。
初午の日以外に水かぶりをしてはならないとされ、また、水かぶりの一行が通り過ぎるまでは色の付いたものを食べることが禁じられていて、これを破ると火事が発生しやすくなると伝えられているようです。
そして一行が通りかかると、町内の人々は装束の藁を引き抜き、我が家の屋根に上げて火伏・魔よけのお守りにするのだそうです。

当日のスケジュールは
 08:00頃~ 水かぶり宿にて藁装束の準備(見学可)
 10:00 開会式(大慈寺境内)
 10:10 横山火伏獅子舞(火伏行事友情出演)
 10:30 水かぶり出走
 11:00 神楽公演(石越町・長下田神楽、中田町浅水・日高見流浅部法印神楽)
 12:30頃 終了
となります花火

↓詳細はこちら↓
◆開催日/平成29年2月12日(日)
◆時間/10:30~12:30
◆場所/登米市東和町米川五日町地区
◆料金等/無料
◆交通/三陸自動車道・登米東和ICより車で約15分。
◆登米市HP(観光・物産情報)/http://www.city.tome.miyagi.jp/kankou/top.html
◆登米市観光物産協会HP/http://www.tome-city.com/
◆お問い合わせ/東和総合支所市民課 0220-53-4111

地区以外の人が参加すると火災が起こるという言い伝えがあるため、参加はできないそうですが、見学は可能ということなので、興味のある方は足を運んでみてはいかがでしょうか?

フロント 木浪  


Posted by 丘のホテル at 09:41Comments(0)丘のホテルブログ

2017年02月09日

【第21回青根温泉雪あかり】が開催されます



2月12日、川崎町で【第21回青根温泉雪あかり】が開催されます花丸

青根温泉は伊達家の湯治場として歴代の藩主が足繁く通ったことで知られていますが、このイベントは青根児童公園周辺に特設会場を設けて、地元の人や子どもたちが雪でたくさんの祠をつくり、中にロウソクを灯すというお祭りですface02

15:00からとん汁や手作り味噌おでんが振る舞われたり、お子様向けのゲーム大会が催され、16:30からは雪あかりの点灯式が行われますicon12

↓詳細はこちら↓
◆開催日/平成29年2月12日(日)
◆時間/15:00~20:30(点灯16:30)
◆会場/青根温泉じゃっぽの湯特設会場 青根児童公園周辺
◆駐車場/旧青根分校(青根温泉郷入口)駐車台数80台
     ※駐車場からシャトルバスが5分~10分間隔
◆交通/JR東北新幹線・白石蔵王駅、JR東北本線・白石駅より宮城交通バス・遠刈田温泉終点下車、車で10分。または山形自動車道・宮城川崎ICから車で20分。
◆青根温泉じゃっぽの湯HP/http://www.jyappo.jp/
◆お問い合わせ/じゃっぽの湯(青根温泉合同会社) 0224-87-2188

ロウソクの光と真っ白い雪が織りなす幻想的な冬の夜、そしてその後の温泉を楽しみに、足を運んでみてはいかがでしょうか?

フロント 木浪  


Posted by 丘のホテル at 09:13Comments(0)丘のホテルブログ

2017年02月08日

【七日堂修正会・柴燈大護摩供】が開催されます



今週末の2月11日、仙台市陸奥国分寺薬師堂で【七日堂修正会・柴燈大護摩供】が開催されます花丸

七日堂修正会(なのかどうしゅしょうえ)とは、「国家の安泰・五穀豊穣」を祈願する事から始まった最古の法要で、この法要の最中に数十秒のみ秘仏『薬師瑠璃光王如来』が御開帳されますicon12
普段は開くことのない厨子の扉が一年に一度だけ開かれる貴重な法要ですねface12

また、柴燈大護摩供(さいとうおおごまく)とは、山に伏し野に伏し験力をつける修行の中で、修験者と参拝者が心を一つにして願いの成就を祈る勇壮で厳かな法要ですface01
その後、自身の願いを一層強固にする為に道場へ入り、燃えくすぶる熾火をならした道の上を歩き火渡り修行を行うことになりますface08

↓詳細はこちら↓
◆開催日/平成29年2月11日(土)
◆時間/七日堂修正会13:00~
    柴燈大護摩供14:00~
◆場所/陸奥国分寺薬師堂
◆費用/火伏せの梵天守護1本1,000円
    護摩木1本300円
◆お問い合わせ/陸奥国分寺薬師堂 0120-089-430
◆お問い合わせ/陸奥国分寺薬師堂(御祈祷受付場所) 022-291-2840

当日の法要のみ薬師堂内参拝自由となっているそうで、火渡り修行も誰でも行うことができるそうなので、気になった方は参加してみてはいかがでしょうか?

フロント 木浪  


Posted by 丘のホテル at 09:00Comments(0)丘のホテルブログ

2017年02月07日

奇祭<切込の裸カセドリ>が行われます



今週末2月11日、加美町で奇祭<切込の裸カセドリ>が行われます花丸

この祭りは、加美町切込集落に伝わっている、火伏せと厄払いを祈願する小正月の行事ですface01

15才以上の男子が顔や体に「へそび」と呼ばれる竈の墨を塗って、裸で家々を訪問し、その家々の家人に「へそび」をつけて、新年のあいさつをしてから酒や食事などのもてなしを受けます。

初めての参加者や新婚者、厄年の者は裸の腰に注連縄を回し、頭に藁束をかぶった装束を身につけ、家々の訪問に先立って他の参加者から水を浴びせられるそうです汗
こういう行事は雪が降っていた方が趣があるなぁとは思いますが、実際雪が降ってしまうと参加者は大変でしょうね(^^;)

そして、この祭りは県の無形民俗文化財に指定されていますicon12

↓詳細はこちら↓
◆開催日/平成29年2月11日(土)
◆時間/19:00頃~
◆場所/加美町切込地区
◆交通/東北自動車道・大和ICまたは古川ICより車で50分。
◆加美町HP/http://www.town.kami.miyagi.jp/
◆お問い合わせ/加美町生涯学習課 0229-69-5113

小正月の来訪行事の旧態をよく伝えている、と言われるこの祭り、興味のある方は足を運んでみてはいかがでしょうか?

フロント 木浪  


Posted by 丘のホテル at 09:38Comments(0)丘のホテルブログ

2017年02月06日

【第17回うめぇがすと鍋まつりin加美】が開催されます



2月11日、【第17回うめぇがすと鍋まつりin加美】が開催されます花丸

このイベントは加美町冬の一大イベントで、加美町産の野菜や牛肉を使った鍋が20種類以上、1杯200円から300円という価格で味わえますface12

また、酒蔵訪問会やチャリティー地酒の試飲会、商工会女性部によるチャリティーバザーなどの催しのほか、おおさきFMでの生放送も行われるそうですicon12



↓詳細はこちら↓
◆開催日/平成29年2月11日(土・祝)
◆時間/10:00~13:30(予定)
    ※鍋販売開始は11:00~無くなり次第終了
◆場所/加美町中新田地区花楽小路イベント広場ほか
◆交通/東北自動車道・古川ICまたは大和ICより車で20分。JR東北新幹線・古川駅よりミヤコーバス・色麻役場前行きで約30分、中新田下車。
◆加美商工会HP/http://www.kami.miyagi-fsci.or.jp/
◆お問い合わせ/第16回うめぇがすと鍋まつりin加美実行委員会事務局(加美商工会) 0229-63-2734

家族そろって楽しめる冬ならではのイベント、足を運んでみてはいかがでしょうか?

フロント 木浪  


Posted by 丘のホテル at 09:00Comments(0)丘のホテルブログ

2017年02月05日

【第54回とよま凧あげ大会】が開催されます



本日、登米市で【第54回とよま凧あげ大会】が開催されます花丸

このイベントは、雄大な北上川の登米大橋付近を会場に、手づくり凧を通じて創造力の向上と親子や地域間のふれあいを深めるもので、たくさんの手作り凧が空高く舞い上がり競演を繰り広げますicon12

そして、手作り凧の審査会も行われ様々な賞があるそうですface02

また、来場者に豚汁無料サービスや参加者全員に参加賞のプレゼントもあるとかface12

↓詳細はこちら↓
◆開催日/平成29年2月5日(日) ※雨天時中止
◆時間/受付12:30 開催13:00~
◆場所/北上川右岸堤防(登米市登米町寺池三日町裏~中町裏)
◆交通/JR気仙沼線・柳津駅から登米行きバスで約10分。「三日町」下車徒歩約3分。三陸自動車道・登米ICより車で5分。
◆登米市HP/http://www.city.tome.miyagi.jp/
◆お問い合わせ/登米市登米公民館 0220-52-2316

町外の方の参加も歓迎されるようなので、興味のある方は参加してみてはいかがでしょうか?

フロント 木浪  


Posted by 丘のホテル at 08:00Comments(2)丘のホテルブログ

2017年02月04日

【第39回松島かき祭り】が開催されます

本日は、二十四節気の一つ、立春ですicon12

暦の上では春の始めで、昼は暖かくなる日もあったりしますが、やはりまだまだ寒さはまだ続くような予報が出ていますface18
寒さ対策はまだまだ必要ですねface07




さて、そんな寒さがまだ続く中、明日2月5日、松島公園第五駐車場で、【第39回松島かき祭り】が開催されます花丸

このお祭りでは全国に名高い<宮城松島のかき>を堪能できますface12

震災復興工事のため例年より規模は縮小されるようですが、「かき雑炊コーナー」や「むき身かき」・「殻かき」の特価販売コーナー、宮城の海の幸・山の幸飲食コーナーに松島温泉足湯コーナーなど会場内の各ブースを十分楽しめるようですface01

また、特設ステージではステージイベントも行われるそうです!
イベント予定は
 10:00~開会式・豆まき
 10:30~かき供養祭
 11:00~日本三景PR
となりますicon12



なお、本日・明日と宮城の日本酒を立ち飲み出来る街歩きイベント【宮城まるごとほろ酔い新酒まつり】も松島町内で開催されるそうです花火





↓詳細はこちら↓
◆開催日/平成29年2月5日(日)
◆時間/10:00~14:00
◆場所/松島公園第五駐車場
◆交通/JR仙石線・松島海岸駅から徒歩1分
◆松島観光協会HP/http://www.matsushima-kanko.com/
◆お問い合わせ/松島かき祭り実行委員会(松島観光協会内) 022-354-2618

2月最初の日曜日、寒い中での<松島のかき>を楽しんでみてはいかがでしょうか?

フロント 木浪  


Posted by 丘のホテル at 09:17Comments(0)丘のホテルブログ

2017年02月03日

今日は節分!!



今日は2月3日、節分ですね!

節分にはさまざまな行事が行われますが、そもそも季節の変わり目には悪い気が生じると考えられていて、それを【鬼】とし、その鬼を追い払うためにさまざまな行事が行われるのだそうです。
その数ある節分行事のうち、やはり一番有名なのが【豆まき】でしょう。
大体の方が【豆まき】と聞いて思い浮かべるのは、「福は内、鬼は外」と声を出しながら福豆を撒いて年齢の数だけ豆を食べて厄除けをする、というものではないでしょうか。
この【豆】を使う理由は、「穀物には生命力と魔除けの呪力が備わっている」という信仰からであったり、「魔滅」という言葉からの語呂合わせからであったりするそうで、鬼に豆をぶつけることによって邪気を追い払い一年の無病息災を願うという意味合いがあるそうですface08

福豆は炒り大豆を用いることが多いようですが、私が昔豆を撒いていたときは落花生を投げてました。
間違って踏んだりすると地味に痛かったり、踏んだ後を掃除するのが大変だったり、鬼役の人が本気で痛がっていたり…まぁ、でも楽しい思い出です(^^;)



そして、【恵方巻き】!

恵方巻きは、節分の夜にその年の恵方に向かって太巻きを無言で丸かぶりするもので、太巻きのパターンも色々あるそうですが、基本的には7種類の具を使用した太巻きを使うそうです。
この「7」という数字は商売繁盛や無病息災を願って七福神に因んだもので福を巻き込む意味があるのだとか。

私が子どもの頃は全くと言っていいほど聞きませんでしたが、ここ何年かで急に知名度を増したような気がします。
もともとが関西を中心とした行事なようなので仕方ないとも思いますが、何がきっかけで東北地方でも定番行事のような扱いになったんでしょうか…

ともあれ、今年の恵方は壬=北北西です!!
今日は豆をまいて、恵方巻きを食べ、福を呼びこみましょうface12

フロント 木浪  


Posted by 丘のホテル at 09:00Comments(0)丘のホテルブログ

2017年02月02日

【第16回宮城県雪合戦】が開催されます



2月4日・5日と、加美町小野田西部スポーツ公園で、<第16回宮城県雪合戦大会>が開催されます花丸

この大会は監督1名・選手7名・補欠2名でチームを作り、3分間を1セットとして1セット90球の雪球を投げ合い、3セットマッチで相手チームの選手をアウトにした数やチームフラッグを抜けるかどうかを競います雷
屋台も多数出店するようで、参加しなくても家族で楽しめるイベントですface02

そして、大会上位入賞者は2月25日・26日に北海道で開催される【第29回昭和新山国際雪合戦】に出場することができますちからこぶ



また、3月4日・5日に長野県で開催される今年でまだ4回目の【第4回日本雪合戦選手権大会】にも出場できるようですface03
この大会は、全国各地で行われているスポーツ雪合戦の日本一を決める大会になります!!



↓詳細はこちら↓
◆開催日/平成29年2月4日(土)・5日(日) ※荒天決行
◆時間/試合開始9:30~
◆開催場所/加美町小野田西部スポーツ公園
◆交通/JR東北新幹線、JR陸羽東線・古川駅から車で約40分。東北自動車道・大和ICまたは古川ICから車で約40分。
◆駐車場/無料駐車場あり(約350台)
◆一般社団法人日本雪合戦連盟HP/http://jyf.or.jp/
◆宮城県雪合戦連盟ブログHP/http://ameblo.jp/miyagi-yukigassen-renmei/
◆お問い合わせ/第15回宮城県雪合戦大会実行委員会事務局 0229-63-8811

申込期限は1月9日までで当日参加は不可ということですが、屋台巡りをしながら熱戦を楽しむというのもいいのではないでしょうか?

フロント 木浪  


Posted by 丘のホテル at 09:00Comments(0)丘のホテルブログ

2017年02月01日

【第31回雪だるま・雪像コンテスト】が開催されます

今日から2月icon12
受験生には山場の月となりますし、プロ野球やJリーグではもう少しでキャンプインの時期です。
2月は春に向けての準備期間といった印象ですが、寒さが身に染みる月です雪
体調には気をつけて過ごして行きましょうface02




さて、これから冬本番といった中、2月4日、5日と七ヶ宿町で【第31回雪だるま・雪像コンテスト】が開催されます雪

このイベントは積雪が多いことで知られている七ヶ宿町の冬の風物詩で、個人・団体で自由な発想で雪だるまや雪像を作り、その完成度を競うものですface01

雪だるま個人の部・雪像個人の部・団体の部の3部門があり、各部門に最優秀賞・優秀賞・アイディア賞・特別賞があり、審査の上、賞状と記念品が贈呈されますicon27

審査については、作品が参加者の敷地の中に作られることで町内全域が会場となるため、各家を審査員がまわって採点しますface06

また、七ヶ宿スキー場では4日に雪灯籠が見られ、5日にはちびっこじゃんけん大会などが行われますicon12

↓詳細はこちら↓
◆開催日/平成29年2月4日(土)・5日(日)
◆場所/七ヶ宿町内全域
◆時間/9:00~審査開始、夕方~表彰式
◆交通/東北自動車道白石ICより車で40分
◆七ヶ宿町HP/http://www.town.shichikashuku.miyagi.jp/
◆お問い合わせ先/七ヶ宿町観光協会(七ヶ宿町産業振興課内) 0224-37-2177

町民総出で作られる100体もの作品はスキーヤーやスノーボーダーをはじめ、たくさんの方々から好評を得ているそうですface12
興味のある方は足を運んでみてはいかがでしょうか?

フロント 木浪  


Posted by 丘のホテル at 09:00Comments(0)丘のホテルブログ