2019年01月02日

仙台初売りがはじまります



本日から【仙台初売り】が始まり、商店街では年始にふさわしい相当な賑わいを見せていることと思います花丸

そもそも"初売り"とは新年最初の販売を言いますが、【仙台初売り】はそれだけではなく300年以上続く伝統的な正月行事のことで、仙台市内の商店街では甘酒やお汁粉が振舞われたり、買い物客側では徹夜組が長い列を作ったりと、一種のお祭りのような雰囲気となりますicon12

そして、大きな特徴として、本来認められない豪華な景品や特典を付けての販売を商慣習として国が認めている点が挙げられますface12

また、やはり【仙台初売り】の特徴といえば≪茶箱≫!!
元々は収納・保管用として親しまれてきたそうですが、縁起物として買い求める人が多く、今年も多くの方々が並んでいたことでしょうface06

私は例年通り正月は地元で過ごしているもので、どのくらいの混雑になっているか分かりかねるところですが、一度くらいは茶箱を買うために並んでみたいですね…これも毎年のことですが…(^^;)

フロント 木浪  


Posted by 丘のホテル at 08:00Comments(0)丘のホテルブログ