2013年11月03日

日本シリーズ第6戦!!!!!!

日本シリーズ第6戦!!!!!!

昨日クリネックススタジアムで行われた日本シリーズ第6戦ですが、
2-4
で敗北してしまいました大泣き

先発は、"負けない"絶対的エース田中投手野球ボール
日本一を決めるために満を持して、中5日で6戦目に向かいました花丸

この試合、とうとう田中将大の連勝記録がストップしてしまいました(T^T)

初回は、先頭打者の長野選手をスプリットで三振に切って取ると、松本選手をピッチャーゴロ、高橋選手をセンターフライと三者凡退に打ち取り、慎重で危なげない立ち上がりでした。
2回は阿部選手をファーストゴロ、村田選手をショートゴロ、坂本選手をピッチャーライナーと、ボール先行だったものの三者凡退。
3回はボウカー選手をピッチャーゴロに打ち取ると、ロペス選手にセンター前へ初ヒットを許し、寺内選手をマギー選手の捕球ミスで出塁させ1アウト2・1塁のピンチを迎えますが、続く長野選手をフルカウントからショートゴロゲッツーに打ち取りチェンジ。
この試合最初のピンチを難なく切り抜けました。
それに、寺内選手への2ストライクを取った球、149㎞のスプリットとか、圧巻でしたface08
4回は松本選手を三振、高橋選手をファーストゴロとした後、阿部選手のレフトへの打球を枡田選手が照明が目に入ったのか、見失いツーベースヒットとされ2アウト2塁のピンチを迎えますが、続く村田選手を完璧な高さ・コースのスプリットで三振に仕留めました。
そして、5回。
先頭打者の坂本選手に左中間へあわやHRというツーベースヒットを打たれ、ボウカー選手をスプリットで三振に打ち取った後、ロペス選手に同点となる2ランHRを浴び同点とされてしまいましたface18
不調のロペス選手に一発を浴びせられるとは、全く予想外でした(==;)
その後の寺内選手、長野選手にもそれぞれライト前ヒット、レフト前ヒットを浴び、またも1アウト3・1塁のピンチを迎えますが、代打亀井選手の場面でダブルスチールを阻止し2アウト3塁親指
一息ついたかと思いましたが、亀井選手をフルカウントからの四球で歩かせ2アウト3・1塁とすると、高橋選手にセンターへ勝ち越しタイムリーを打たれて逆転を許し、まさかの1イニング3失点ムンク
なおも3・1塁のピンチが続きますが、阿部選手をショートフライに打ち取りチェンジ。
この回、この日本シリーズで眠っていた巨人打線が起きてしまったような猛攻でしたface07
6回も、先頭打者の村田選手にレフトへツーベースヒット、坂本選手にショートへの内野安打を打たれ、ボウカー選手にバントを決められて、1アウト3・2塁のピンチを迎えると、ロペス選手のサードゴロの間に1点を奪われ4点目を奪われてしまいました大泣き
続く2アウト3塁のピンチでは、寺内選手をキャッチャーフライに打ち取りチェンジ。
7回は、長野選手をセカンドゴロ、亀井選手をレフトフライに仕留めた後、高橋選手にセンター前ヒットを打たれて阿部選手の場面、ワイルドピッチで2アウト2塁のピンチを迎えたところ、ライトに上がった打球を岡島選手がスライディングキャッチ拍手
抜けていれば失点が濃厚だっただけにナイスプレーでしたicon12
8回は村田選手を三振とした後、坂本選手に右中間へ運ばれ1アウト2塁、ボウカー選手のセカンドゴロの間に3塁に進まれ、2アウト3塁としますが、ロペス選手をライトフライに打ち取りチェンジ。
9回は寺内選手を三振、長野選手をショートゴロに打ち取った後、亀井選手にショート・セカンド・センターの中間へ落ちるツーベースヒットを打たれますが、高橋選手を三振に打ち取りチェンジ拍手
この9回高橋選手の場面、勝ち越しヒットの借りを返すように、また味方選手を鼓舞するように、球数150球を超えていながらも150㎞以上のストレートを投げていました。
高橋選手を三振に打ち取った最後のボールは160球目で152㎞…想像を絶します(T^T)

結局、9回160球を投げ抜いて4失点12安打7奪三振1四死球という内容、1イニング3失点、1試合4失点はともに今シーズンワーストでしたface06
シーズン通して投げて、今まで1イニング3失点、1試合4失点が共になかったわけですから、あらためて凄さが分かります。
もちろん、田中投手を打ち崩した巨人打線もさすがでした。
この日本シリーズ眠っていた巨人打線に覚醒を許してなお4失点に抑えた、というのも並の投手ではないということを表しているでしょう。
そして、本日の最終決戦が総力戦となることを見越していたのか、意地か、ファンの前で投げるのが最後という想いか、160球完投!
星野監督も「代われと言ったけど、エースの意地があるんだろうね。『いきます』と言うから『じゃあ、最後までいけ』と。無理することねえのになと思ったけど、ファンの前で投げるのが今日で最後だという思いがあったんでしょう。立派だよ」と言っていたそうですが本当に素晴らしい拍手
気迫のピッチング、しっかりと目に焼き付けました!!

打線は、2戦目同様、菅野投手や継投陣の好投で3安打と抑え込まれ、レギュラーシーズンで見せた田中投手登板時の援護力を発揮しきれませんでしたface06

相手先発は菅野投手。
初回は岡島選手がサードゴロ、藤田選手がセカンドゴロの後、銀次選手フルカウントから四球で出塁しますが、3試合連続打点中のAJ選手がフルカウントからショートフライでチェンジ。
藤田選手、楽天来て良かったなとの声掛けに「本当です!」と答えていたそうですが、私たちにとっても藤田選手が来てくれて最高でしたface12
それにしても、前の試合で受けた死球から完全復調ではなかったようですが、とりあえずは一安心。
「正直ヤバいです」と言っていたそうですが、くれぐれも無理はしないでほしいですface01
2回はマギー選手が見逃し三振で倒れた後、枡田選手がフルカウントから四球で出塁、松井選手がフルカウントからライト深くへエンタイトルツーベースを放ち、1アウト3・2塁のチャンスを作りました!
このヒット、最初先制タイムリーツーベースと思いましたが、残念でした(^^;)
続く嶋選手はサードゴロでしたが、その間に枡田選手が先制のホームイン拍手
枡田選手、良いスタートを切りましたし、嶋選手の打球も跳んだ位置が良かったですねicon12
そして、2アウト3塁とチャンス続行で聖澤選手の打った打球がファーストゴロとなるかと思いきやロペス選手がトンネルエラーface08
追加点を奪うことが出来ましたface03
続く岡島選手はショートゴロでチェンジ。
田中投手にとって大きな2点が入りました!!
多くの方がそうだったと思いますが、正直、私はこの2点で日本一を獲れるとほぼ確信していました(^^;)
3回・4回は藤田選手からの上位打線でしたが共に三者凡退。
5回は嶋選手がセンター前ヒットを放ち、聖澤選手が送りバントを成功させ1アウト2塁のチャンスを作り、岡島選手のレフトフライで嶋選手がタッチアップを決めて2アウト3塁としますが、藤田選手がレフトフライに倒れチェンジ。
6回はクリーンナップでしたが三者凡退。
7回は枡田選手がショートフライに倒れた後、松井選手が4試合連続マルチヒットとなるセンター前ヒットを放ちますが、嶋選手がショートゴロゲッツーでチェンジ。
8回は菅野投手から山口投手へ交代となり、三者凡退。
9回は銀次選手がセカンドゴロに打ち取られた後、山口投手からマシソン投手へと交代。
AJ選手、マギー選手共に三振に打ち取られゲームセット。
クリーンナップで迎えた最終回、あるいはサヨナラも…と期待はありましたが三者凡退に打ち取られましたface07

この試合、打線はこれまでの巨人打線の不調がそっくりそのまま移ったかのような湿り具合でしたicon11

この試合で、日本シリーズは3勝3敗のタイ!
今日が最終決戦雷
総力戦となるでしょう!!
先発はクライマックスシリーズから素晴らしい投球が続いている美馬投手野球ボール
今日も素晴らしい投手を期待しますicon12
そして打線、最後に大爆発を見せて下さい野球バット星
さあ、今度こそてっぺんを獲りにいきましょうグー(正面)

フロント 木浪



仙台でのビジネスはもちろん、
スポーツ団体やコンサート鑑賞・スポーツ観戦に
最適なホテル
丘のホテル
同じカテゴリー(丘のホテルブログ)の記事画像
LIGHT UP NIPPON 2020
山の日
長崎原爆忌
親孝行の日
今日は二十四節気のひとつ、立秋
広島原爆忌
同じカテゴリー(丘のホテルブログ)の記事
 LIGHT UP NIPPON 2020 (2020-08-11 09:00)
 山の日 (2020-08-10 09:00)
 長崎原爆忌 (2020-08-09 08:00)
 親孝行の日 (2020-08-08 09:00)
 今日は二十四節気のひとつ、立秋 (2020-08-07 09:00)
 広島原爆忌 (2020-08-06 08:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
日本シリーズ第6戦!!!!!!
    コメント(0)