2017年05月19日

【第33回仙台・青葉まつり】が開催されます



明日・明後日と【第33回仙台・青葉まつり】が開催されます拍手

今年は仙台藩祖・伊達政宗公生誕450年ということもあり、「伊達政宗公生誕450年祭」という形で開催されるそうです!!

仙台に春の訪れを告げる【仙台・青葉まつり】ですが、やはり最初に思い浮かぶのは<すずめ踊り>でしょうface02
この<すずめ踊り>ですが、元々は仙台城築城の際に宴席で酒に酔った石工たちが即興で踊ったといわれる踊りだそうで、その格好が餌をついばむすずめの姿に似ていたことと、伊達藩の家紋が「竹に雀」だったことから、その名前が付けられたそうです。

毎年参加祭連や参加人数が増えてきている<仙台すずめ踊り>、今年も参加者数を更新し、過去最高の147祭連、約4,000名が参加となる予定ですface03



20日の宵まつりでは他にも、「伊達政宗公生誕450周年記念トークセッション」、「飛び入り雀祭雀連」が行われ、また復興祈願山鉾は今年から名称を変え「仙台宵山鉾」となり楽しむことができるようですface08



また、21日の本まつりでも、「青葉神社神輿渡御」、「伊達時代絵巻巡行」、「伊達古式火縄銃演武」などを楽しむことができますicon12



そして、20日・21日と政宗公の時代のおまつりにタイムトリップしたような街並が再現された「伊達縁」が勾当台公園で、”旬の食材を自分で調理し振る舞うのがおもてなしの心とする”という美食家だった伊達政宗公の言葉にちなんだ「杜の市」が市民広場・勾当台公園・一番町通りで開催されますicon12

「伊達縁」では、地元の職人さんの匠の技を見たり、体験をしたりできる青葉職人屋台やお笑いや落語が楽しめる青葉寄席、化粧屋、茶屋が軒を並べ、射的や餅つきなど企画出店や、突如はじまる戦国時代の殺陣演武など、大人から子供まで幅広く楽しめますface03
「杜の市」では旧伊達藩の市町村の美味しい食べ物が食べられますface12

ただ、交通規制については注意が必要ですね↓


↓詳細はこちら↓
◆開催日/平成28年5月14日(土)・15日(日)
◆場所/仙台市役所前市民広場、勾当台公園、一番町買物公園、定禅寺通、東二番丁通ほか
◆交通/各会場まで市営地下鉄勾当台公園駅から徒歩3~15分。
◆仙台・青葉まつりHP/http://www.aoba-matsuri.com/index.html
◆お問い合わせ/仙台・青葉まつり協賛会事務局 022-223-8441

毎年大盛り上がりとなるこのお祭り、是非参加してみてはいかがでしょうか?

フロント 木浪  


Posted by 丘のホテル at 10:08Comments(0)丘のホテルブログ