2017年01月06日

【念ずれば花ひらく】



こちらは、当ホテルの正面玄関に飾られている書で、詩人坂村真民の直筆の書になりますface01icon12

当ホテルがオープンした時に林香院さんからお祝いにいただいたものだそうです花丸

昨年、何人かのお客様にこの書について尋ねられましたので、今回記事にしてみました!


【 念ずれば花ひらく 】
 
念ずれば

花ひらく


苦しいとき

母がいつも口にしていた

このことばを

わたしもいつのころからか

となえるようになった

そうしてそのたび

わたしの花がふしぎと

ひとつひとつ

ひらいていった



これは有名な詩ですが、”ただ念じていれば夢がかなう”という意味ではなく、”何事も一生懸命に祈るように努力をすれば、自ずから道は開け、夢や目標がかなう”という意味ですね。
一年の初めにふさわしい言葉ではないかと思います。

フロント 木浪



仙台でのビジネスはもちろん、
スポーツ団体やコンサート鑑賞・スポーツ観戦に
最適なホテル
丘のホテル
同じカテゴリー(丘のホテルブログ)の記事画像
【MPのない音楽会Ⅷ 失われた旋律を求めて】が開催されます
【えぼし雪上花火大会】が開催されます
あれから23年が経ちます
<お年玉付年賀ハガキ>の当選番号が発表されました!
小正月で小豆粥
団子さし
同じカテゴリー(丘のホテルブログ)の記事
 【MPのない音楽会Ⅷ 失われた旋律を求めて】が開催されます (2018-01-19 09:00)
 【えぼし雪上花火大会】が開催されます (2018-01-18 09:00)
 あれから23年が経ちます (2018-01-17 09:00)
 <お年玉付年賀ハガキ>の当選番号が発表されました! (2018-01-16 09:00)
 小正月で小豆粥 (2018-01-15 09:00)
 団子さし (2018-01-14 18:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
【念ずれば花ひらく】
    コメント(0)